toggle

STRAIGHT PERM

perm

独自レシピの
「生ストレートパーマ」
キーワードは「生」

髪を傷めないことを追求し続けた
独自のパーマ技術

『生の素材』にこだわり、活かし、お客様と一緒にお客様だけができる美を創造すること。
それがGOLDにおける全体のテーマであり、そこから生まれた他店にはないGOLDだけのオリジナル技術がこの生ストレートパーマです。

パーマを施術することによってかかる髪への負担。これはお客様がパーマをあてる際に心配することの一つだと思います。
『生の素材』を守るためのパーマは、同時に『生の素材』が内包している実力を発揮させることでした。
『生の素材』が秘めている可能性と力を最大限に活用することを考えに考え抜いたからこそ生み出された、GOLDのみの独自パーマ技術です。

生ストパーマと通常パーマの違い

クセのある髪の断面を見てみると、その表面はデコボコしたものになっています。
従来のストレートパーマは、アイロンによるプレスと熱を与えることによって、デコボコだった表面を綺麗に整えて髪をまっすぐにさせていました。

従来のパーマ

pure_perm_01

しかしこの方法では、加熱によって髪が含んでいるたんぱく質(=ケラチン)がタンパク変性を起こしてしまい、そのまま髪のダメージとなって現れるのです。
これは生卵を想像して、加えられた熱によって卵白が凝固してまったと考えればイメージしやすいと思います。
タンパク変性後の髪は、ヘアーデザインのおいては髪の動きがなくなります。カラーリングやパーマにおいても、その効果が出にくくなってしまいます。

この従来のパーマと比較し、生ストパーマはまず熱処理を行いません。
『生の素材』を駆使して髪の内部からデコボコ部分を膨らませることでキレイに整えていきます。

生ストパーマ

pure_perm_02.

この方法なら熱によるタンパク変性で髪が傷む心配がありませんので、理想的に自然なストレートヘアを得ることができるのです。
さっきの例えで言うと、卵は最後まで生卵のままなのです。
だからウェーブパーマをあてることも可能ですし、その他のカラーリングなども問題なく施術することができます。

GOLDならばデジタルパーマも『生』

どこまでも『生の素材』にこだわるGOLDでは、デジタルパーマでもダメージを極力抑える生デジタルウェーブでの施術を行っております。
これまでのパーマでは決して味わうことのできない『生』が創る質感を是非お楽しみください。