GOLD(ゴールド) | 西宮にあるライフスタイルまでデザインする美容室

BLOG

2019.12.06ブログ

白髪染めと普通のカラーの違いについて 2

前回は白髪染めと普通のカラー剤の同じ部分を説明しましたが、


今回は違う部分を書きたいと思います!



白髪染めと普通のカラー剤の違いは、


白髪は普通の髪よりキューティクルの枚数が少なく、


うろこ状の1枚が大きいため染まりにくくなっています




そのため普通のカラー剤よりも同じトーン(明るさ)であれば、


色の入りやすさと色素が多く含まれています




同じ6レベルの薬剤で白髪を染めた場合、


白髪染めの薬剤の方がしっかり白髪に色が入っている場合が多いです



ちなみに仕上がりの明るさはほぼ同じです!

(白髪染めの方が少しブラウン味が強くでる場合が多い)




そんなに大きくは違わないのですが、白髪を隠すことがメインか、


明るくしたり色味を楽しむのがメインなのかによって


薬剤を選択するのが良いと思います




よくどのタイミングで白髪染めに変えたらいいの?


と聞かれますが、まばらぐらいであれば8レベルぐらいまでなら、


白髪にかるく色が入るぐらいでぼかしながら染めて、


白髪の量の増え方で担当の美容師と相談しながらが


変えていくのが良いと思います